「サンドイッチ学習法」で英単語を効果的に覚える方法

目次

「サンドイッチ学習法」で英単語を効果的に覚える方法

言語学習のアプローチは数多く存在しますが、英単語を迅速にかつ効果的に記憶する際におすすめなのが「サンドイッチ学習法」です。どのような方法で、どのような効果が得られるのか、解説していきます。

サンドイッチ学習法とは

サンドイッチ学習法は、その名の通り「サンドイッチ」のような形式で学習を実施する方法です。初回の学習と再学習の間に休憩(特に睡眠)を挟むことで、学習内容の定着を図ります。この方法は、特に暗記科目の学習に非常に適しています。

「寝る」という行為は学習において欠かせない要素です。睡眠中、脳は学習した情報を整理し、定着を促進します。このプロセスにより、新しい情報やスキル、例えば英単語などの知識が長期記憶へと効果的に移行します。この学習法を利用すれば、情報の定着を促進し、効率的に学習内容をマスターすることが可能となります。

サンドイッチ学習法の具体的な手順

サンドイッチ学習法の3つのステップを解説します。

STEP
最初の学習セッション

ここでは新しい内容を学習します。例えば、新しい英単語とその意味、発音、使用例などを学ぶ段階です。

STEP
休憩セッション

短い休憩や、より効果的なのは一晩の睡眠です。この時、脳は新しい情報を整理し、短期記憶から長期記憶へと移行させます。

STEP
再学習セッション

休憩後もしくは起床後、再び同じ内容を学習します。ここでの復習が、情報の定着を助ける鍵ととなります。例えば、休憩前もしくは就寝前に学習した新しい英単語とその意味、発音、使用例などに再び目を通します。

英単語学習にサンドイッチ学習法が最適な理由

英単語の習得は、単に記憶するだけの作業ではありません。真の目的は、それを実践的な状況で使用できるようになることです。そのため、短期間での記憶ではなく、常にアクセス可能な長期記憶に単語を保存することが欠かせません。そして、この目的を達成するための効果的な手段としてサンドイッチ学習法が適している理由を説明します。

  1. 深い定着の促進: サンドイッチ学習法では、休憩や睡眠を取り入れることでこの短期記憶から長期記憶への移行を促進します。
  2. 過去の学習内容の再確認: 学習→休憩→学習のサイクルを繰り返すことで、前回の学習時間で学んだ単語の復習が自然と行われます。
  3. 学習のモチベーション維持: 英単語は無数にあり、長期的に覚え続ける必要があります。短期間の集中学習と休憩の組み合わせは、長時間の連続学習よりも疲れにくいです。この方法は、学習意欲を維持し、無理なく学習を続けることができます。

サンドイッチ学習法を活用した、私の英単語学習

私自身、サンドイッチ学習法を日常の英単語学習に取り入れています。具体的に言うと、毎晩寝る前に英単語帳を手に取り、1ページ分の単語の意味や例文を確認し、さらに発音をアプリを通して確認します。翌朝目覚めたときには、その前の夜に見た聴いた単語の内容を再確認しています。わずか10分程度の時間のため、全く苦にならず、効果的な英単語学習を継続できています。

まとめ

サンドイッチ学習法は、「学習する」→「休憩(特に寝る)」→「学習する」という学習と休憩の組み合わせを活用する効果的な学習方法です。特に、睡眠は情報の整理や定着に不可欠で、この学習法を取り入れることで知識が深く定着しやすくなります。

英単語の学習にこの方法を適用することで、長期記憶への移行を助け、効果的に単語を覚えることができます。私自身も、寝る前と起きた後の短時間で、サンドイッチ学習法を利用して毎日の英単語学習に効果を感じています。とてもシンプルな学習法のなので、皆さんも一度試してはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アメリカのシアトルに留学中。青山学院大学在学中に、TikTokとMicrosoftの日本法人での長期インターンを経験。大学4年時に、シアトルのUniversity of Washingtonに留学。現在はアメリカのスタートアップに勤務。

目次